スキンケア

首のシワをとるスキンケア

首のシワにかぎらず、シワができる原因には、大きく分けて

 

乾燥

乾燥することで、角質層に隙間が空き、その部分が凹みとなって次第に深くなりシワとなる

 

紫外線

紫外線によって皮膚の形状を支えている繊維状のコラーゲンが破壊され、その部分が陥没して凹みとなり、次第に深くなってシワとなる

 

などの説があります。
乾燥の場合は、表皮が発生源で、紫外線の場合はもう少し奥にある真皮が発生源になるわけです。
いずれにせよ、小さな凹みができて、凹みができるのその部分に負荷がかかって更に凹み、だんだん深くなるわけですね。
それぞれについて対策をまとめていきます。

 

乾燥対策

首の場合は、顔よりも少し奥にあり、体から蒸発する水蒸気が首の周辺を通るため、比較的乾燥しにくいと言われています。
ですから、乾燥を感じることも少なく、あまり乾燥には気を使っていない人も多いようです。

 

その感覚通りで、乾燥については特別気にする必要はありません。
乾燥対策としては、乾燥する時期に、顔に使っているクリーム・オイル・乳液などを首にも塗っていれば大丈夫なのですが、紫外線対策としわとりのために、下記のコスメを使っていきましょう。

 

紫外線対策

紫外線については、意外に無防備になっていないでしょうか。
日焼け止めを首に塗っている人は少ないように思えます。

 

深い帽子をかぶっていても、白いシャツからの反射もあり、首にはかなりの紫外線があたっていると言われています。

 

特に、耳の下など忘れがちな部分にもUVカット効果の大きい日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

首に塗る美容液

首のシワに効果のある美容液の成分としては、

ビタミンC誘導体
レチノール(ビタミンA)
コラーゲン
ヒアルロン酸
アミノ酸
セラミド
プラセンタ

 

などが有効です。

 

深いシワのある肌の状態は、コラーゲンやヒアルロン酸が不足した状態です。コラーゲンなどの組織を生み出す細胞である、「繊維芽組織」が減少し機能低下しています。
ですから、お肌のハリや弾力性を取り戻すには、この「繊維芽組織」を活性化することが、重要です。

 

この意味で、アメリカの元大学教授が開発した下記の美容液は、理にかなっていて、有効成分を浸透させて皮膚の再生を促す作用が大きいです。

 

シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen